サラリーマン哲学!サラ哲で大逆転!!

サラ哲その1 サラリーマンは生かさず殺さず

サラリーマンを始めてもういく月年。仕事にがむしゃらにがんばってきたものですが、ふと自分を振り返って見るとサラリーマンとは何なのか・・・考えてしまいます。

ここのところ、世の中は好景気だと騒いでいるようですがどうでしょう。
・・・まったく実感などありません。

給料も上がるどころか下がる一方。毎日毎日働いて年をとってみたものの、6、7年前より収入は下がっている。
保険料は上がる、税金は上がる、・・・給料は下がる。
サラリーマンは搾取され放題です。

数年前に、突然ボーナスから、年金や保険料がごっそり引かれるようになったけど、あれはサラリーマンとして怒るべきですよね。
はあ・・・、「何かいいことないですか?」そんなのが口癖になりつつあり・・・。


むかし、社会科で「士農工商」というのを習いましたが、まさにそんな心境。
「士」は役人。悪い事やりたい放題です。「農工商」はサラリーマン。
農民は生かさず殺さず・・・。まさにサラリーマンは生かさず殺さずです。

サラ哲!サラリーマン哲学 | Comment(0) | TrackBack(0) | サラリーマン哲学集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3530733